コンチプランとは

学習~コンチプラン~

最初何語だ?と思ったが簡単にいうと障害時の対策案だ。
システムが壊れた時に、どのような代替経路を使用するのか。
また、どのような認可を受ける必要があるのか、なども含んでいるようだ。
どの箇所が壊れるか、障害時間はどのくらいになる想定なのか、障害規模ごとの案など、考えることは予想以上に多い。
セキュリティ的に案が認可されない可能性も考えなければいけない。

AWSとかクラウドだけのシステムならまだまし(こちらにできることに限りがあるので)だが、オンプレミスになると更に考えることが増えてくる。
部品や機器の交換にどのくらい時間がかかるか、回線の冗長化などもでてくる為それなりに全体像を理解していないと話についていくこともできなくなる。
ベンダが24h365d対応しているかやどのくらいで交換機器を送ってくれるかなども復旧時間に関わってきたり。

まとめ

簡単に考えて打合せとかで発言するとこの程度のことしか考えていないの?って思われるから注意しようぜ!ってお話でした。

次の記事

Pマーク審査項目